NPO法人夢の実(障碍者の日中活動の場)をNOHOHONは全面的に支援しています。
現在、安曇養護学校の在籍児童の60%が安曇野市在住です。
この子たちが卒業した時、安曇野市の福祉資源は、満杯状態で、不足します。今でも、状況は厳しいのですが、その資源を誰が確保していくのでしょうか。
夢の実は、障害者本人や保護者の願いを実現していくために社会福祉法人化をめざします。
今後、様々な取り組みを行い、安曇野市住民の皆様にご支援ご協力を得たいと思います。
みなさん、ぜひご協力ください。